横浜で買ったマンションの修繕工事が大変だった

修繕工事はうるさい

修繕工事がはじまって思ったのは、とにかくうるさい、ということです。
ガンガンだのカンカンだの音が朝から夕方まで止まることがありませんでした。
おかげでマンションにいることは出来ず、出かけることが多くなりました。
朝は8時ごろからはじまり、夕方は暗くなるまで行っているのです。
工事がはじまるということで、多少は覚悟していましたがあまりにも凄すぎて驚きました。
はじめて修繕工事を体験しましたが、驚くことはほかにもあります。
ある日ふとベランダを見ると人影があって、一瞬泥棒か、と構えたところ、業者の方だとわかって安心したことがありました。
マンションの外壁やベランダなども行っているので、自分の部屋のベランダに他人がいることに驚きます。
きれいにするためというのは理解していますが、やはり怖いものは怖いです。
事前に通知しておいてほしかったと思いました。

横浜みなとみらいの帆船日本丸は大規模修繕工事中で、ドックの水がない状態⚓️#みなとみらい #日本丸 pic.twitter.com/5EoT2XttfJ

— めぐみ(こやぎ百貨店)💌7月文文展 (@tana_megu) 2019年1月24日

マンションを修繕工事 | 修繕工事はうるさい | 見た目がとてもきれいになったマンションには満足